本文へスキップ

有限会社レッイビーは、あきらめていた居宅生活を可能にする会社です。

〒467-0808名古屋市瑞穂区
高田町4丁目15番地


    

   有限会社レッイビー は訪問介護事業と配食事業で、安全で適切な居宅環境を提供し、介護を必要とする方の居宅生活を支えることで、社会に貢献します。
訪問介護・配食共、障害者の方も利用していただけるようになりました。

 

 今一番の贅沢!要介護でも自宅で生活を継続する。
 

 在宅か施設か

ホームヘルパーを
利用しましょう。
 

 配食サービスを
利用しましょう。

 介護が必要になって迷うのが、「在宅か施設か」です。本人の希望とご家族としての希望がわかれる事もあります。当社では、在宅と施設両方のメリット・デメリットをご説明できます。納得した選択をしましょう。また、在宅費用全般についてもご相談承ります  当社では在宅介護の専門企業として、要介護者の方や障害をもった方へサービスを提供しております。
また、どんなケアマネさんを選ぶかは重要なポイントです。親切で経験豊かなケアマネさんを紹介します。
 高齢者はわずかな量でお腹いっぱいに、中にはおにぎり一つで食事を終えてしまう方もあります。栄養バランスがととれていないのが要介護になった原因かもしれません。
当社の配食サービスは全て手作りで安心して召し上がることができます。

▼詳しい説明はこちらをクリック!


 ホームヘルパーについて
 

ここ数年の介護保険法の改正?は、利用者さんやご家族そして私達介護事業所にとっても納得し難いものだったと思います。特に2016年6月からの、軽度方(要支援)への支援サービスを国から地方へ移管し介護報酬を3割削減したことは、利用者さんと事業所に大打撃を与えています。しかし、だからこそ当社が発足以来進めてきた、訪問介護と配食事業の一体化による効率化と経費削減の道が正しかったと実感しています。

 私達ホームヘルパーの仕事は、食事、清潔、排泄。一つ一つのサービスの必要性を見極め、必要なサービスを必要な時間に提供する。それが、最も効率的で、利用者さんにとっても心地よいことです

NEWS新着情報

2015年4月福島県に介護応援。その報告はここをクリック
2015年7月「在宅か施設か」のページを追加しました。
2016年1月 配食のチラシが印刷できるようになりました。
2016年8月 直行直帰のホームヘルパーさんの募集始めました。 

2016年9月 配食専用サイトを新設しました。
     シリンジ側臥位の食事介助ホームページは下のボタン 
胃ろうをお断りし シリンジ右側臥位で食事


   YouTubeとFacebooKへのリンクはこちらから 
       You Tube         
                社長のブログはココをクリック
                 

訪問介護と配食





バナースペース

有限会社レッイビー

〒467−0808
名古屋市瑞穂区高田町4丁目15番地

TEL 052−852−3144
FAX 052−852−2361

訪問介護と配食

saikai1.htmlへのリンク

在宅か施設か

スマートフォン版